|  イラスト   |  映画   |  Me   |  メール   |

仕事カテゴリー:  News   |  雑誌  |   日常  |   書籍  |   イラスト  | 壁画  | 展示  
ひたすら爆笑する猫を描いてみました。
Img_0c9d2fca48d26f13a19d9e17a134573e
Img_03d69fd626a5c2f0befce346ec760c3a
Img_b1727f54b7ba4df05554cc710660a178
Img_c90abd1a5986ef68e4f5de25428ebd5c
Img_1fce2b3224e084f39b32bd7e8933a08f
Img_e0167f9998f477d383eee592b563a188
ビッグベン。この日はテロがあった直後ということもあり、橋にはいくつも花が添えられていました。


3/30〜4/12までイギリスへ行ってきました。

ロンドン→ブリストル→フルーム、という旅路でした。
ブリストルはバンクシーで有名な町ですが、
英国人にとっては住みたい街no.1だそうで、その人気の理由が伺い知れました。
フルームはバースから近い街で、車でもブリストルから40分くらいで行ける距離です。
とても小さな田舎町ですが、古い英国の町並みがそのまま残っていて大変綺麗でした。

合計2週間もいましたが、結局2週間ではちょっと足りないな、という感想です。
イギリスはどんなに小さな街であっても、その町の特色が失われない
まちづくりがされているので、もうすこし長く滞在できたら良かったなと思います。

今回も旅行中にいろいろイラストを描いたので一部載せたいと思います。




Img_acc2369542405993caba368ae452dec6
ピカデリー、エロスの像。昔から変わらず待ち合わせ場所として賑わっています。
Img_47c65d48bc44ce39a1ba9774e46462e9
ボウイ出身地のブリクストン。壁には彼へのメッセージがたくさん。
Img_0b88f02562dd3abe49e8dfe3c4c26889
宿泊していた場所の近所のポスト。
Img_af6983f78a87ee90944a2a70fad6c242
こういった公園やスクエアが沢山あって羨ましい。
Img_59f877cf329b9fe4e63ad23264fac586
ブリックレーンにて。
Img_e738000e32442465131081bfbefc5663
グリーンパークにて。
Img_4c174b7b0aed8abcbc1e74fe2b52375e
ブリストルにて。バンクシーと港と自由の匂いのする街でした。
Img_83d24a8adfdef1bb2608bb037b67046c
教会の庭にも気持ちの良い公園。
Img_92530c75fddacf86a0477eb914a8d058
港が近いからか、川が街の中心にあります。
Img_8ca5dc3a28e0b92a0d5450937c457bb7
旅行中はずっとお天気に恵まれました。
Img_a1608dc0b875310403c7945026a3e07f
フルームの古い町並みが素敵でした。
Img_845af3b224d3c4ace7a2512df0dad8b2
最後のまたロンドンにて。


今回の旅行中は雨が一度も降らず、毎日気持ちの良い太陽が夜の8時くらいまで続いていました。
気温も20度まであがり、Tシャツで過ごす日もありました。

イギリス人というのは本当に太陽が好きなのだな、と思われる風景になんども巡り会いました。
カフェのテラス席で、影の当たるテーブルはガラ空きで、陽の当たるテーブルは満席、とか、
公園の日陰部分にはまったく人がいないのに、陽の当たる芝生部分では皆ごろごろしていたりなど、
わかりやすくて面白い国民性だな、と感じました。

あと旅行中はリンゴを沢山食べました。手に収まる小さなリンゴ、私はコックスというリンゴが好きなので、毎日2〜3個は食べていたと思います。果物が安いのはイギリスの大きな魅力ですね。

あと、やはりなんといっても公園が素晴らしいです。昼食を街中の芝生でゴロンとしながら食べる、というのは、エバーグリーンの芝生がそこら中にあるイギリスならでは。これは本当に羨ましいと感じました。

また、当たり前のようにいろんな国籍の人が賑わっているロンドンの姿ですが、Brexitによってやはり変わってしまうのかな、と思います。私の友人はそのせいで今後UKは衰退していくだろうと言っていましたが、迎え入れて出来た多様的な文化がなくなることはやはり残念に思います。
Img_9c91ec5547bafe6f74e9b1394982192f
Story"×"Street"="Storeet" 第2弾です。
「路上と人と物語」をテーマに描いた絵です。

今更ながら、ストリートという言葉を調べてみると、

「市街地の中を走る道路。しばしば、そこでの人間活動を主体とした意味あいで使われる」

とあります。人は主義主張をするときは道に出るんですね。
真面目な主張から、おちゃらけたものまですべて、道から始まってきたんだと思います。


Img_0c9508544a4c66e50428ea3f7ba691d8
Img_a6dae0b9297fb4afe9ba82ede7cc934a
Img_4fa1943cd4395b62d8f7f593e8ad7627
Img_558df1a6f6a71cc83a308358a02ac1e7
Img_092e9a344537c2950f82ef3a27b144a0
Img_ebe8abf32c511a08aec4d828ed88185a
Img_032e8162a49963a8f0641b79b8289219
Img_ec946f87b5cd4c65973b15490b9650d2
Img_4237cdbf731cbbe5db8c62ff47334344
Img_c899f3216f0e975047cb3475fb33b17f
Img_11bbe83155b6499b85749c3db7bfed0d
Img_996219284c93d6c80d951c4a105be582
Img_f64b1a91bce8a32b10c2b54310306535

"Story"×"Street"="Storeet"という勝手な言葉を作って
最近は空いた時間で「路上と人と物語」をテーマに絵を描いております。

世の中には老若男女はもとより、仕事で成功している人、生活が苦しい人、
ハンディキャップのある人、夢を持っている人、現実主義な人、LGBTQ、
国籍や肌の違いなどなど、、、様々な人がいるわけですが、

そんな彼らが共通して歩く路上を舞台に、
絵を描いたら面白いんじゃないかと始めてみました。

「人はみんな違ってみんな良い」を根本に描いております。

各絵には私なりの気持ちや見解を添えておりますが
それはあくまで絵から感じた私の言葉です。
絵の中の彼らが実際になにを言っているのかは私にもわかりません。
Img_13146692b1330423522554b4c30ac736
Img_215485454105d07817b18e2e6152fd04
Img_7dda3097541fe13111df7feddf9f37fb
Img_7deb96f6a6386357be33848969eab4a3
Img_4df5c4c84fa0b01d2a8fc2517d3a9fe1
Img_2a9473e9b400f56651a809ce0d5a553b
Img_71b2f1cf9cebae775e68689b7d44bc24
Img_90457c20c7911c9035948a74df913a36
Img_d550f5bc513b4d4576044b0f475757a0
Img_a46153b06bdac88c507d410ee7c923c9
Img_b11df31f9421e55eebf709026d90f1ed
Img_a20da30031fe3f1f35609e437d2503cd
Img_b05f7e6d0de89e73e1a497a8054e985e
Img_583346bcc8c85d6695618bce0ed5052c
Img_60790ad615d3ef964ff69ef3328acda0
Img_be42a22cbec538875262923a1f69e662
世の中考えなきゃいけないことが多すぎてめんどくさいなぁ。

でも面倒くさくないことなんて、この世の中にある?

大切なことは面倒くさいものよ。

大切なことなんだから、
面倒くさくても仕方ないのよ。
Img_97c0534c49242aa402d406691b64b1d5
マーケットに並んでいるような安くて良いお皿
Img_62f390e6528782def73945b3fffbd75d
夏の味方のビール様達
Img_b70fef85f5306a1b0f9b6dc0456d3908
台所で実際に私が使うことの多いもの達
身の回りにある小物や雑貨を描くのが好きです。特に台所用品が好きです。

こうやって色々な物を絵にしていると、人って色んな小さな物を必要としていて、
そういうのを発明して、改善して、使い分けて生きているんだなぁと実感します。
Img_8270a1bcb814a87fd36450a73136dbac
6月11日は英国のエリザベス女王の90歳の誕生日でした。(本当は4月21日とのこと)
それにしてもエリザベス女王はいつも本当に良い面構えをされてらっしゃいます(失礼!)

今の女王陛下は歴代の中でも特に愛されているということで
イギリスでは様々なパレードやストリートパーティが行われているようです。
国民から愛されている王室、素晴らしいですね◎
Img_1b3303e936d7cbc586c37b69d9784667


松陰神社前から徒歩10秒にある「松陰Plat」に、
友達のユミ氏がパンとビールを楽しめるお店、
Good Sleep Baker  (Click!)  をオープンしたので、遊びに行ってきました。


以前から色んな飲食店で経験を積んできた方なので
彼女の作るパンや焼き菓子は本当に美味しいんです。

この日はオープン記念だったのに、時間が遅くて何も持っていけなかったので、
その場で描いた絵をお渡ししたら飾ってくれました◎


Img_ce5f208fdfa2e862e52dfa0c47667cde
ビアソムリエでもある友人がお店で出すビールは味わった事の無い様なものばかり。
この日飲んだビールはパイナップルのビールでした。
焼きたてパンと美味いビールが夜中に楽しめるお店。なんて贅沢なんだろうと、つい松陰神社前に引っ越したくなるくらい。

世田谷線ものんびりしてていいなぁ。
是非お近くに行かれた際は立ち寄ってみて下さい。