|  イラスト   |  映画   |  Me   |  メール   |

仕事カテゴリー:  News   |  雑誌  |   日常  |   書籍  |   イラスト  | 壁画  | 展示  
Img_c4064729ad4cee0b48adaee6a54f8530
新版CD BOOK「はじめての」シリーズの装画を担当させて頂きました。
色々な国の景色や文化を描くのは楽しいですね!

デザイナーさんは清原一隆さんです。
Img_9ae468090701d6c95048762b94f25109
Img_6e9c1d4da935237b954cd080243ff5de
Img_cd02083d8b0f3447f897c034385ba228
Img_8d86827fca310e549310dca0b89148d7
Img_1a97755d081e0697db716dacac26aa54
Img_6905a049ed622fce65a6e191ccf79f83
Img_98dad1b67791b5aa43757a7049ba4b84
Img_391c185f6d6a4f655e2d50ac4001d339
Img_543c03b3873488cccf17a3f0ff9bf627
Img_31aebf12ef885c6a330493f7dfb1f94a
「風の教室」上岡信雄さん作。

挿画、挿絵を担当させて頂きました。
ラグビーを通して熱血教師が生徒と成長していく
ひたすらにまっすぐで針の振り切れた元気の良い物語です。

よければ書店で手にとってみてください◎
Img_fa94a25eb583976dd96e5e6de29591b0
Img_38037454e410415146e6a84ef610e3a4
Img_ff632ee8788802272a1a84b0d91cd541
Img_38136510bfd36b2f2a37ecb10efddd4c
いつもお世話になっている、テンナイン・コミュニケーション様の
ハイキャリアのウェブイラストを1年間描かせて頂きました。

ハイキャリアは、通訳者・翻訳者の為のオンラインサービスです。
ノウハウだけでなく、現役の通訳者達の経験についても知ることができるコンテンツです。
Img_9d4395aa775b4bc67c20726d0a851cb3
Img_67db67e9308283c1524b3f800a90aed4
Img_046ccfbd5073157f957964b3b6638564
Img_00069d16d03f8dd43ca61667e350b8f4
↑こちらはウェブページのヘッダーに入ってくるイラストです。



季節ごとに違った風物詩を取り入れたイラストを、北欧の町を舞台に描いてみました。



↓そしてこちらがフッターに入ってくるイラストです。
Img_c40a148d59863a4e8ae70ab8e1c401fe
Img_67a8ce7a0bbf5f6b474181001121db2b
Img_85bb95a921ea87480437b1ceadafbff4
Img_210982e1a2c8d2204fee71b17278fc03
Img_5e2e3daccef86d7f258e7ed4fbd170ff

ジェラルド・ダレル作「虫とけものと家族たち」の装画を担当致しました。
この本は既に絶版になっていたのですが、編集者の熱い想いのもと復刊されることになりました。

イギリスの天候に辟易した家族がギリシャのコルフ島に移住するお話で、
ダレルの実体験をもとに描かれています。
個性豊かな家族のメンバーや、その彼らを取り囲む島の様々な生き物達が、
生き生きと描かれている物語です。本当に面白い本で、私は何度も笑ってしまいました。
池澤夏樹さんの翻訳も原作の面白さを十分に受け継いでいてくれてます。


枠に捕われず、自分たちが思うがままに生活を送るダレル一家。
こんな生活きっと現実ではありえない!と思いがちですが、
きっと作中に登場するラリーの性格を見習えば、
人生考えるよりもやったもん勝ち!という気にもなります。

この本は、生きる事へのポテンシャルに満ちた、
人生を豊かにしてくれる一冊だと私は思ってます。


復刊した際の帯に作家の森見登美彦さんが書いてくださってます。

「ヘンテコにして素晴らしき本。クヨクヨしがちな時に読むと
アタマの天窓が開きます。
虫よりもけものよりもワイルドなのは
「家族たち」でした。」